--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.1401:39

「京野ことみの本 町の猫」「澪のように・・」

おととしの冬買ったもの・・
ですが、そのころは例の読書障害(?)が出ていて、字の部分が読めなかったので、・・今、引っぱり出してきて読んでいるのです。

「京野ことみの本 町の猫」
京野ことみの本―町の猫 (週刊プレイボーイ特別編集アイドルブック)京野ことみの本―町の猫 (週刊プレイボーイ特別編集アイドルブック)
(1997/06)
京野 ことみ

商品詳細を見る

★★★★★

すばらしい。
この人の生き方、文章、大きな拍手を送りたい。そして、いつまでも応援していたい。
前も一度レビュー書いたので二重になりますが・・やはり、感動したのでまた書いてしまった。
寝る前に星を眺めるのが好きだという京野さん。彼女の、世界と自分を見つめる目も、星の光のように
冴え冴えして、そして輝きつづけている。開けると玉手箱みたいに色とりどりの心・・
普通の女の子、だけど、なにかハンパじゃない。ものすごく強靭で生き生きしている。
私のまったく見たこともなかったような世界。
そんな京野ワールドに・・いつまでもいたかったけど、本は終わってしまった。
もっと彼女の言葉が聴きたい、今はどんなことを考えているんだろう・・?

「澪のように・・麻生澪写真集」
澪のように…―麻生澪写真集 (ベッピン文庫)澪のように…―麻生澪写真集 (ベッピン文庫)
(1987/09)
西田 幸樹

商品詳細を見る

★★★★★
麻生澪さん。一時期はまってました。(といっても、彼女の写真集orビデオは、入手困難で、この一冊しか手に入らず今に至る)
当時は、ソワの友達Tちゃんにちょっと似ているということで・・その柔和でセクシーな肢体をじっと眺めるのも、なんだかちょっと複雑な気分だったのですが・・
今、改めて見てみると、「Tちゃんにそんなにそっくりというわけでもなくない・・?」と、冷静な気分で眺めることができています。

この本にも、字が出てくるので、・・読みとばしたまま保管していたのでした。
(やはり、せっかく買ったものを文字だけ読まないでいるというのは、せっかくお弁当を買ったのに、赤飯に、付属の塩とごまをかけずに食べ終わってしまったような、・・不全感が残るというものです。なんか例が変か;)
今こうして存分読んで楽しめて、満足です。・・赤飯はなくなってしまうけれど、写真集の場合は、写真も文ももう一度一緒に楽しめるから、喜びもひとしおというものです。(もう赤飯はいいって;)

麻生澪さんの文章。
意外に、書くのね・・!?・・私ならこんなに書けない。
だれか別のライターじゃなく、彼女自身の言葉が、写真と一緒に読める・・というのがなんだか新鮮な味わい。彼女がとても近くに感じられる。読み手としては嬉しい限り。
恋のこと、男性のこと、自分自身のこと・・
ソワのあんまり知らない世界。こんな世界に住んでいる人なんだ。
女の子、というより、女の人。
もちろん、19歳という年齢もあり、まだ少女っぽい面影もあるけれど、
澪さんはなんだかびっくりするぐらい艶っぽく大人っぽく見える。

写真もとてもいいです。西田幸樹、よく聞く名前ですが、いい腕前です。澪さんのふわふわーっ、ポウッ・・とした、かぎりない女性らしさ、魔性、豊かな美しい髪の毛をよく捉えています。
こういう人は、男性の永遠の憧れなんだろうな・・
スポンサーサイト
2008.12.1100:53

遠山景織子・小林恵

小林恵―十六の夏小林恵―十六の夏
(1993/09)
渡辺 達生

商品詳細を見る

★★★★★
「pure girl duo」と甲乙つけがたい佳作、、大好きな写真集です。
夏のカラフルなパステルカラーのにぎやかな中に、頬のまっ赤な、はちきれんばかりの健康的な若い娘。一点の翳りもないとはこのこと。世の中の汚いものなんて、その肌は全部はじいてしまう。これからまさに実ろうとする・・プレ美女、の陽気な夏休みを切り取った写真集。
影のできない時刻、真夏の真昼。世界にこんな存在があるなんて・・この世界もまだ捨てたものじゃない。

CIN´EMA―image par Fumiyuki Kawashima 遠山景織子写真集CIN´EMA―image par Fumiyuki Kawashima 遠山景織子写真集
(2003/11)
川島 文行

商品詳細を見る


★★★★★
個人的にとても思い入れのある大切な写真集です。
買ったのは神田の古本屋街、ちょうど写真集集めをまだ始めたばっかりのころでした。(・・ちなみに、一番初めに買ったアイドル写真集は、宮沢りえの「pour amitie」、安達祐実の「REX」でした。これらも古本屋街で。)
遠山さんのことを「高校教師」で見て知って、その透き通るような肌と折れてしまいそうな身体に魅せられ・・・そんな折、古本屋街をブラブラ物色していると、偶然見つけたのがこの作品でした。
古本にしては少し高かったのですが、遠山さんが見れるんだから・・!と、意を決して買いました。
・・はじめて開いたとき、「高校教師」での彼女とはずいぶん感じが違うなぁ、別の人みたいだ・・と驚きましたが、けれどその驚きは決して悪いものではなく。
ずっともっと大人の女に成っていて、けれどその妖精のような透明感、ピンピンと晩秋の空気のように突き当たってくる冷たさは・・健在で。
その肌に触れれば氷のように溶けてしまいそう。おおげさじゃなく、そう思ってしまう。
これほど木目の細かい、雪の結晶みたいな肌はなかなか珍しい気がする。
2003年に撮られたものだから、もうだいぶお姉さんのはずなのに、その四肢や腰や肩のどこにも、経年による皺やシミひとつない。14の少女でも、ここまで綺麗だろうか・・?
その上に、日本人形みたいに整ったお顔。笑顔より、じっと黙ってカメラを見つめるショットが多い。けれどそれは、何もあらわさない無表情というのでも挑発的なまなざしというのでもなく、どこか寂しげな感じもする、でも温かみを感じる、物静かに落ち着いた・・そんなまなざし。
どんな人なんだろう、と思う。
きっと、自分の大きさや限界や、そういうものをよく知っていて、賢く静かに、しなやかにかっこよく・・生きている女性なんじゃないか、という気がする。
どこか人間ばなれした印象、触れようとすれば去ってしまう体温、秋の風、・・そんな彼女をそっと時々、見てみたくなる。
2008.12.0701:29

雑感

集めてきた写真集をそれぞれ見ていたのです。

アイドル写真集、ほとんど無名のような子の写真集、女優さん、オムニバス、芸術的なやつ・・

で・・篠山紀信の撮ったものが何冊もあることに気がついた。
こんなに買っていたっけ。

・・それらを見ていて、ああ、私はまだ彼の撮った写真たちをぜんぜん消化していないな・・という感じがした。
他の写真集たちは、それなりになにか消化できているものもあるというか、自分の中での流れとその写真たちとの流れを一致させることができたというか・・そんな感じがするのだけれど、
篠山さんの少女たちは、みんな固く心を閉ざして、まだ私に開かれてこない。
namaikiしかり、エリローズしかり。
彼の撮る少女たちが芸術的すぎるせいかもしれない。
美しくは感じるけれども・・心がフワッとして、思わず笑みがこぼれる、写真の中の少女たちと一緒に笑いあう・・というあの経験を、彼の少女たちに関してはまだしたことがない。

・・しばらく写真集買いはやらないから、その間・・彼の撮った少女たちと、じっくり仲良くなれたらいいかもしれないと思う。
ほかにもまだ消化しきれていない写真集もあることだから、次から次へ買うんじゃなくて、被写体一人ひとりと対話してみるのも悪くない・・または、それぞれの作品についてのデータを整理してみるというのも考え中。

・・オタクはこうして深まっていく・・
2008.12.0201:23

薬師丸ひろ子フォトメモワール

薬師丸ひろ子―愛蔵版写真集

★★★★★

四巻持っています。
今日、それらを整理しがてらパラパラ見ていました。
ひろ子、ひろ子・・
特に思い入れの強い人なので、その写真の一枚一枚、宝物のようです。アマゾンで342円で買えてしまいますが。そんなことは関係なく。
・・とくに「野生の証明」は私にとっても、ひろ子さんの出演映画の中でもっとも思い出深いといってもいいかもしれない。ので、そのシーンの写真を見ていると、感慨深いものがあります。
「野生の証明」は、私が美少女映画にはまり始めた初めの映画だったと思います。(本当の一番初めは「かぼちゃ大王」のアレッシア・フガルディでしたが、これは別格なので、それ以外の映画とは別物としています)
・・まだキャプチャのやり方も良く知らないころ、学校のパソコン室で一生懸命、家でとった「野生の証明」のVHSを、パソコンに吸い出そうと試行錯誤してた思い出が懐かしいです。今からもう三年前?になります。
黄色い服とつなぎのカバーオールをきた、おかっぱ頭の可愛いひろ子さんと、制服姿で警察の男にしつこく尋問されるひろ子さんのキャプチャをがんばっていたので、そのシーンが鮮明に思い浮かびます。
いやぁ懐かしい・・

・・こう書いてくると、私の美少女遍歴もだんだん貫禄が出てきたような感じがしてきて、なんとも不思議な気分です。それぞれの時期に夢中でやってた、キャプチャ作業や収集活動が・・今になってみると、それ相応の重みというか確かさをもってそこにあるというか。・・私のやってきたことも、ただの遊びに過ぎないのに、なにかそれはそれで意味あることだったんだなという感じ。

・・ひろ子さんの写真を見ているうちに、そんな思いが湧きあがってきました。


・・私、オタクでよかったな・・


2008.11.2700:18

「小粋な妖精たち」「京野ことみの本 町の猫」その他


小粋な妖精たち―ACE FILE’99写真集
小粋な妖精たち―ACE FILE’99写真集
(1999/06)
塚田 和徳

商品詳細を見る

★★★☆☆

・・という写真集を眺めていました。
中学生ぐらいの四人組が、合宿したり遊んだりしている風景をとらえたものです。
写真の写りが、スナップ写真ぽい感じなのも多くて、割と見飽きない感じです。
被写体の少女たちは、かなり美少女な子も居ますが、普通の中学生っぽい子も居て、でもみんないかにも初々しく。
(いまさら言うのもなんですが、こういったローティーン写真集の被写体の子達は、比較的普通っぽい子が多いようですね。いかにもアイドルといった感じではなく、親戚に居てもおかしくないような。・・時に、美人とはいいがたい子も写っていることがありますが、若い、みずみずしい、愛らしい・・ということですべて許されてしまう感じです。若さ、この魔法・・)


京野ことみの本―町の猫 (週刊プレイボーイ特別編集アイドルブック)京野ことみの本―町の猫 (週刊プレイボーイ特別編集アイドルブック)
(1997/06)
京野 ことみ

商品詳細を見る

★★★★★

二冊目は、京野ことみの写真と文章「町の猫」。
買った当初はその良さがまだあまりわかっていなくて、もっとアイドルアイドルした写真が見たいなぁ・・とか思っていたのですが、この本、見ていくうちにだんだん京野ことみさんの魅力が引き出されてくるようで、気に入ってきました。
京野さん、朝ドラに出ていらっしゃいますが、相変わらずお美しくそして可愛い。・・昨日母と、「双子の子たちよりも京野ことみのほうが目立ってるねぇ・・」と話しておりました。
この本ですが、写真も粋なかんじでいいのですが、京野さんの文章がまた良いです。
今日はじめて文章のところを読んでみたのですが、こんなに深い、しっかりした世界を持ってる方なんだなぁと感心しました。
この本は彼女の高校時代のとき出版されたらしいですが、高校生にしてはずいぶん大人びたことを書きます。
京野さんに一歩近づけた気がして、ますます彼女のことが好きになってしまいました。これからも応援しています。
・・ようし、来年は「白線流し」を全巻見るぞ。



今日も「あすなろ白書」。
私の最近は、もっぱら、デスクワークにあすなろ白書にまたデスクワークに・・の繰り返しになっています。(たまに写真集)
今日はなかなかいいところでした。
クリスマス。時期的にもマッチしていてグッドです。(何か今日は横文字が多い)
あいかわらず石田ひかりも鈴木杏樹も見ていてうっとりしてしまうし・・
(ふたりとも、睫毛長っ。目がめっちゃキラキラ。ドラマ見ながら手鏡で、自分の睫毛もあんなだといいな・・と思いながら見てみたけれど、そこに映っているものと想像するものとのあまりの違いに呆然とした)
・・石田ひかりは男性人気がいまいちのようですが、どうしてなのか?わかりません。
あんなに少女らしい優しさ柔らかさに満ちているのに。
・・そういえば私の友達にも、ああいったタイプの実にかわいらしい娘がいるのですが、なぜだか男うけがいまいち良くない。純白の肌と、フランス人形のような瞳をした、実に素直でいい娘なのに・・
男、この不可解なるもの。ぬぅ。



DVDレコーダーが今ほしくてたまらないソワです。
「あすなろ白書」見ていたら、キャプチャ欲がムラムラ湧いてきてしまい、指先の衝動を抑えることも一苦労。ぐぅ。

・・喉からハンズがエンターリングしています。来年になったら買おう。いや、もしかしたら我慢しきれず今年買ってしまうかも。

2008.11.1501:07

fake love 浅香唯写真集

FAKE LOVE―川崎亜紀「浅香唯」写真集FAKE LOVE―川崎亜紀「浅香唯」写真集
(1994/01)
荒木 経惟

商品詳細を見る


今日は浅香唯さんにトキメキの日でした。

アラーキーの写真がまたすばらしい。

青ざめた色味のなかに浮かび上がる、しっとりとした質感のある、あでやかな女。
赤い口紅と、おきゃんなパッツン前髪と、吸い込まれそうな潤んだ大きな瞳。
冷めた空気に染みていく真っ白な肌。
目の覚めるような美しさとはこのこと。
子猫のように愛らしく小悪魔の妖艶さを兼ね備えて。
中国の絵画の女性のように、どこか異国的な涼やかさ。
親しみのある、というよりか、近づいていきたくても果てしなく謎があるような。
誰のものにもならない、永遠の憧れの少女のよう。
生身の人間的というより、映画の中や物語の中の主人公みたい。
みんな彼女を遠くからずっと眺めていたい。そんな感じのする人。

たしか写真集がかなりたくさん出ていたはず。
もっと見てみたい。
2008.11.1000:34

"mariko nagai miracle girl"

MIRACLE GIRL―MARIKO NAGAIMIRACLE GIRL―MARIKO NAGAI
(1989/05)
不明

商品詳細を見る


★★★★★

大好きな写真集・・
勉強の合間に、本棚(写真集も最近整理して、自分の部屋に移動させました。)にふと手を伸ばし、眺めていたのです。これこそ、片手間オタクの随一の楽しみ・・フフフ

今日はなんだかとくに、永井真理子とフィーリングが合ったのか、彼女の魅力がビンビン伝わってきます。
(くわぁぁっ・・やられた・・ほんっっまに、かわいいわ・・(涙))
あのパッツン独特のショートカット。
そして、お兄ちゃんのを借りて着たみたいな、ざっくりシャツとかトレーナー。
あの時代にはやってた着方みたいですが、今見てけっこう新鮮です。少なくとも私の目からは。
まねしたいです。ざっくり。あの髪型も。もうちょっと伸びたら。
腰ベルトの深いジーパンはちょっと今やると(・・・。)なのでまねしませんが。

写真を見ていて、ふと、永井真理子さんが、高校のとき好きだったSK先輩(もちろん女子)に、似てるなってことに気がつきました。
似てる似てる・・と思いながら見てると、ますます愛着が募ってきます。

彼女の魅力。
普通の、写真集のアイドルたちとは何か一味違う。
見た目がボーイッシュというというところ・・のせいもあるかもしれないけれど。
たしかにmiracle、不思議で、すてきで。

もっと彼女を見てみたくなってしまった。

永井真理子に惚れる晩秋・・
2008.11.0223:23

井出薫 フィアート

井出薫写真集―フィアート井出薫写真集―フィアート
(1996/09)
高橋 良一

商品詳細を見る


BOOKOFFで購入。
井出薫さんのはまえに一冊、17歳のころの写真集を買って、すごく気になるもっと見たい・・と思っていたので、見つけたらすぐ買ってしまいました。

・・内心、またいつものあれかな・・と期待せずに開いたのですが、
なんの、なんの。

(うはーーーーー!!こ、これは・・)

薫さん、薫さん・・・なんてあなたは美しいの。

ただ美人、というのではなくて、
なにか、もっと知りたい・・と引き込ませるようなものをもっている。

ますますファンになってしまった。

買ってよかった。

もっとちゃんとしたレビューも書くかもしれません。



続きです。
検索。
某SNSでの、「妖精さんって本当にいるんだー」(薫さんのことを評して)の言葉が印象に強く残ってます。

再びフィアートに戻って。

はじめて見たときてっきり、22,3歳ぐらいかな・・と思ったのですが、
まだ二十歳前だったかなったばかりか、そのぐらいに撮られたものらしい。
二十歳というと、芋くさくボテボテした時期、というイメージが、自分の過去を振り返るとあるのですが、
・・どうも、本当の美人というのは、高校生でも二十歳でも三十でも、同じように完成された美しさを持っているのだな。。というのを時々思いますが、彼女の場合もそのようです。
あんな、すらりと伸びた足や、脂肪のついてないほっそりした顔の輪郭、にきびひとつない石膏のような肌・・を、若干二十歳にして持ちえるとは・・恐るべし美少女。

かなり黒目勝ちの瞳と、その瞳をいっそうひきたてている、黒い長い眉毛。
霞のけぶる森林が似合いそうな静かな美貌。
時々少し疲れたように目が潤んで、物憂げに見えるところも魅力。
鼻は決して高すぎず、とがりすぎず、むしろ穏やかにすっと伸びている。
白い白い陶器のような素肌がすばらしい。

その年でもっとも露出が少ない写真集・・だったそうですが、
かえってそれが彼女のよさを引き出していると思う。
奥ゆかしさ、上品さが彼女の持ち味。
これで、どこにでもある水着姿やセクシーショットばかりの写真集だったら私はこんなに彼女に惹かれなかったかもしれない。

引退されたそうで残念ですが、なんだか、彼女のような奥ゆかしく美しい人は、どこへ行っても、凛として、静かに幸せに生きていける・・ような気がしてしまう。のが不思議。



最近、前買った写真集を売りに出したりしています。
かなこ16歳も、売ります。レビューしたときあんなに大はしゃぎだったのに。
なんだか、彼女たちの笑顔が作り物めいてつまらなく感じられてきて。
写真の質も良くないのに気がつく。
一時は、少女の姿を切り取ったものであれば・・と思いなんでもかんでも集めていこうと思ってましたが、最近になって気が変わり、
本当に好きなものだけ・・と思うようになっています。



写真もいいけれど映像・・にもちょっと興味があります。
動いてしゃべったり笑ったりしてる少女たちを見るのは、写真を見てるのとは違った楽しさがある。
彼女たちと実際に遊んでいるような気分になって、人付き合いの少ないオタク女としては、ほのぼのと暖かい気持ちになるのです。(製作者の思うつぼだ!;)
2008.10.2701:04

売ろうか・・

・・amazonに出そうかyahooオークションで出そうか。

古本屋に重いバッグ引っさげてgoは×。
(重いだけで何の特にもならない。というかかえって損した感しかしない。「二束三文」という言葉を売った後にいつも繰り返してしまう)

今は不要になったとはいえ、せっかくネットで検索して手に入れた商品だから。

あぁ、眠い。
2008.10.1023:11

borabora

Bora bora Chiaki Hara+Kishin ShinoyamaBora bora Chiaki Hara+Kishin Shinoyama
(1997/11)
篠山 紀信

商品詳細を見る


★★★★★

最近写真集レビューラッシュしています。
(写真集の秋、らしい。)
ちなみに例年はたいてい映画の秋なんですが、今年は、
物理的に映画を見ることが難しい状況なので、写真集が代わりになっているようです。

borabora。
前にも一度言及しましたが、もう一回見直してみたのです。
原千晶さん。なんてきれいな体なんでしょう。・・
胸の形とか本当にきれい。
均整がとれた無駄のない体。
お顔も、正統派美人といったかんじで良いです、borabora島の風景によく合っている。
ぼってり成熟した女性と南国、というのは結構ありがちな気がしますが、
この写真集の原千晶さんはまだ青いパパイヤみたい。

中身のぎっしり詰まったすばらしい作品。
(こういう写真集こそ、お金を出して買う甲斐があるというものです。)

プロフィール

nekrasova

Author:nekrasova

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

メロメロパーク

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

I adopted a cute lil' fetus from Fetusmart! Hooray fetus!

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。