--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.2723:04

「ひなぎく」

hina1.jpg

カルト的人気を誇る、チェコの女の子映画・・として有名なあの作品を、今日はじめて観てみた。
だいぶ前に借りてきて、ハードにいれっぱなしだったものだった。(一度目に見えない形に保存してしまうと、なかなか手が伸びなくなるのが私の習性・・まだ観ていない映画たちが恨めしげにHDDの中でうめいている気がして、すこし気疲れするのでした。)

・・あまり気乗りがしないまま、再生してみる。
ポンペケポンペケ、へんてこな音楽が流れ出す。なんだこれ・・
と思いきや・・

 !!

はじめのシーンから、画面に目が釘付けになってしまう。絵本的にカラフルな、りんごの木と二人の少女。キュートすぎて締め付けられてしまう・・もう止まらない。
そんな中で繰り広げられる、二人の少女の宇宙的規模のハチャメチャどんちゃん騒ぎは、言語を絶するすばらしさ。

・・おじいちゃんが汽車に乗り遅れるシーンで爆笑。

終わりのほうになってくると、もう、女の子たちのしゃべる口、手足の動き、笑う顔、喰らいつく口、目玉の動き、飛び跳ねる体、それらの動きだけしか分からなくなってきて、何か奇妙なトランス状態が成就しつつあった・・
少女の口元は柔軟この上なく、目はぐるぐるとして、子犬のように愛らしく、恐ろしい。

hina.jpg


「女の子は、怪物だ。」

そんな言葉が私の脳内に宿った。

そして最後、核爆弾の爆発映像とともに、
「踏み潰されたサラダだけを可哀相と思わない人々に捧げる」
って・・・
・・可笑しすぎます。

・・そういえば、誰かがこの映画を見て、「元気が出る」、と書いていた記憶があるが、観てみたらものすごく納得できた。これを見終わった後私は別人のように生き生きと蘇るような気さえしていた。
彼女たちの行動を見ていて、いいなと思ったのが「なんでもやってみる」精神だった。
何をしたら一番面白いだろう、これをやったらどういうことが起こるのだろう、そういう好奇心から、何のためらいもなく即行動に移すところが、すごい。
ラスト近くで、年寄りたちは、彼女たちの姿が見えなくなった。年寄りたちは自分の仕事を持って、それから逸脱することはしない。彼女たちとは同じ場所にいながら、別世界の住人なのだ。彼女たちは「エイリアン」で、「住民票がない」。
そんな怪物が、肌もピンク色のうら若く美しい娘たちである、というところにこの映画の新鮮さがあるのだと思われる。


・・くれぐれも、彼女たちの真似をしてはいけません。
スポンサーサイト
2008.02.2623:01

「もうひとつの原宿物語」

img229.jpg
なんとも古めかしいピンクのビデオパッケージに入った・・
(91年作品)
神田の古本屋街にて100円で購入。

今朝方、前半を観ていました。
この、少女たちの素朴な可愛らしさ・・!
・・「高校教師」の遠山景織子さんもそうでしたが、この時代の女子中高生の制服姿はなんとも瑞々しく、楚々としていて、好きです。

・・後半戦もまた観ます。



・・はい、観ました。

harajyuku1.jpg
このファッションと雰囲気が可愛いっ・・!
主演の、薬師寺容子さん。

・・なんと、三人の憧れのダンサー優さん役は、あのSAMだったのですね。どこかで見た顔だと思ったら・・
ダンスは格別うまいようには思わなかったんですが、引き締まった細身の体つきと、彫りの深い顔立ちがなかなかいい味を出している青年でした。


三月七日、追記です。
薬師寺容子さんがこの映画で気に入ったので写真集を買ってみました。けれど、どうも映画の中での彼女のほうがずっとよかったなぁという感じです。
・・女優さんによって、スクリーンでとても映えるのに写真だとぱっとしない人とか、その逆とか、いろいろいるようで、おもしろいところです。
ちなみに、写真集集めを始めた最も初期に買った薬師丸ひろ子は、前者のタイプだと思いました。映画で見るとあんなにあんなに!愛くるしい、魅力的な少女で、キャプチャーボタンを押しまくっていたものでしたが、写真だとちょっとイモくさいなぁという印象を否めません。

・・以下、薬師寺容子さんキャプチャー画像。カワイイネ!
hara3.jpg
hara.jpg
hara2.jpg
2008.02.2602:17

奇奇怪怪「セリーヌとジュリーは舟でゆく」

"celine et julie vont en bateau"
ジャック・リヴェット監督
1974年、フランス映画
08年02月25日13時59分-外部入力(1:SZ  )-番組名未取得

中古レンタル落ちビデオ購入。全然知らない映画でしたが、ジャケット買い。
この調子で買ったビデオがまだたくさん家にある。観なきゃ・・(私の苦手なホラーとエロのものが多いので、観るのに気合がいりそうです。・・気合を入れてエロ映画観るのって変ですね;

さて今日の映画。
何がなんだかよく分からないのだが、なんとなく分かるような、好きなような・・・
という感じのする映画でした。
(私の場合、①手放しで大絶賛したくなる映画 ②まあそんなもんだろうという映画 ③どうしても興味を持続していられないで観るのをやめてしまう映画 ④ツボにはまるシーンと退屈なシーンが入れ替わり立ち代わる映画で、総合的な評価を下すのに迷う映画 ⑤憐れむべきダメ映画 ・・ぐらいに分類されていると思う。今日のは④です。映像やセットがとてもきれいで、それだけでも観る価値のあるものなんかがこれに入りやすいかもしれない。ちなみに、美少女が出てくればそれだけで評価が七割増に・・)


08年02月25日12時53分-外部入力(1:SZ  )-番組名未取得(2)

・・今日のは、フランス映画らしく、つらつら続いていく中での雰囲気を楽しむタイプのもののようだった。
春の陽光のなか、緑豊かな街を派手に着飾った女が二人でかけっこしているとか、部屋でけだるそうに空想しているところだとか、ラストの湖で船を漕いでいくところとか・・存分に目を楽しませてくれるものだったと思う。

狂的な色彩がちらほら散らばっているところがとても良かった。
意味がないような動きやセリフの中にも、何か濃い味を感じさせるようなところがある。

08年02月25日12時55分-外部入力(1:SZ  )-番組名未取得(1)
(どことなくナンセンス・ギャグ漫画の世界に近いものがあるような気がする。
こういう、乱雑の中の美学という感じは、好きだなぁ・・)


しかし、途中の空想遊びシーンがちょっと冗長で、それが残念だったかなということ。

ところで、
・・セリーヌもジュリーもわりともうおばさんといった感じだったけれども、
十代後半ぐらいの若い娘二人だったらもっと良かったんじゃないかなと思った。
(と思うのは私が単に少女好きだからというせいだろうか。)

・・けれども、この映画を観て、一足先に春うららかな風景を堪能できて、なんだか心が温かくなった気がします。今の時期観るのにふさわしい一本でした。

08年02月25日12時40分-外部入力(1:SZ  )-番組名未取得
この、ジュリーのジーンズとシャツの着こなしが素敵です。赤い髪もいいなぁ



参考に・・
http://www.rose.ne.jp/~french/film/2005/7_16.html
amazonでの評価 大絶賛だ。
http://alo.que.jp/poly/archives/000350.php
2008.02.2500:53

無意味な行動、フランス奇妙映画とアレッシア

今日は・・病院に一番乗りで行こうと、珍しくはりきって朝早くに出かけたのに、
・・病院は休みだった・・・
仕方がないのでついでに図書館まで、と思い行ってみたが、
・・図書館はまだ開館していなかった・・・

まったく・・

家に帰って、
フランス映画「セリーヌとジュリーは舟でゆく」の上を観はじめた。
へんてこ奇怪な映画だ。
途中からあやしげな精神分析のような、こどものごっこ遊びのような世界に入っていくところで上巻は終わった。
下巻を見よう、と思ってふらふらしているうちに、ふと、先日買ったジーンズと合う服を試してみたいような気がしてきたらしく(よく覚えていない・・)、
手持ちの服を引っ張り出してきて一人ファッションショー+一人撮影会を始めてしまった。
・・気がついたら昼過ぎごろになっていた。
(ファッションショーは結構うまくいきました。出演者・ギャラリーともに満足です。一人なんだから当たり前じゃ ただし、あまりにもキツキツだったのでファッションショーも一苦労だった。26サイズのジーンズを履きこなすには、モデルがもう少し痩せなくてはならないことに気がついた。
モデル「ム、ムリです・・・これでけっこう限界なんです」)



夜になって・・
アレッシアの出演DVD「giorni dispari」の翻訳をしようと、今度は久しぶりにイタリア語の辞書を引っ張り出してきて、始めてみた。が、
・・なんだか妙に気がのらなくて、そして気鬱が立ちこめてきている。
うぅ・・
受験が終わってから、どうも体調不良の邪眼が私を見つめておる。
(邪眼よ、去れ!)

アレッシア専門あるいは、イタリア語翻訳専用のブログを作ろうと画策中。

何か、最後のほうが超マニアックで誰も分からない話題になってしまいましたが、
そもそも誰もあまり見ていないようなので、まぁいいか。


明日こそ病院行ってこよう。
IMG_0567.jpg

(一人ファッションショーの様子。ジーンズがきつい・・)
2008.02.2323:37

「サーカスの少年」

最近安珠さんの写真にぞっこんです。

耽美、あまりにも耽美な・・!
古風な装いをした、キリリとした顔の美少年、
サーカスの風景、
その中にたたずんでいる少年の様子、・・

一つ一つのシーンに、何かぐっとくるものがあり、
「そう、これ、これだ・・!」と私は心の中で独語しながらページをめくっていた。

安珠の写真は、なにか心にぴたっとくるものがある。
映画なら、わりとよくそういう感じを味わうのだけど、写真では珍しい経験。



昨日、自分のヌード写真をデジカメで撮ったりしてみた。
鏡で毎日見る体だけれど、全身像とか後姿はあまり客観的に見たことがないので、
どんなものなんだろうと思い。

見ての感想。

・・脚が、短い。

まぁ、日本人だから仕方がないのだろう、いつも外国人の美しいプロポーションばかり見慣れているせいだ、などと自分を慰めて、再び画面上の自分の肢体を見直してみるのだが、
やはり、

・・脚短っ・・。


ポシャッ


それで・・
・・ほかの人はいったいどんな体をしているんだろう、と思い、
web上で裸画像を探してみることにした。

その途上で、
裸の若い男を女性カメラマンが撮る動画配信サイトを発見し、しばしそれに見入ったり・・
大自然の中で全裸になっている中年のおじさんのセルフポートレイトサイトに見入ったり・・

・・なぜか男の裸画像ばかり見た一日だった。

・・そんなものを見てもしょうがないけれど、でも、人体がどんな形をしているのか、というのを知れて、楽しくもありました。

2008.02.2223:02

いろいろ届いた

①会田我路の、"alice in wonderland"の、オムニバス形式のやつ。
この人のは先日BOOKOFFで買った「レプリカント」が初めてで、
それの中のロリータ系のコスプレのがなんとも意趣深かったので。
・・モデルの少女は、美人とも言えるしヘチャっぽいとも言えるのだが、雨に濡れて切ない表情をしているところなどは何か、もののあわれを感じさせる気がして・・
"alice"もそのような路線で、(ある意味「悪趣味」といえないわけでもないけれど、)でもわりと好きです。あらためて見直してみよう。

②安珠「星をめぐる少年」
めずらしく少年。
図書館で見つけた安珠の写真集「眠らない夢」で、一気に安珠ファンになったので。
・・そして、ぐっと若いころの永瀬正敏が私好みであることもあり(「ママはアイドル!」の彼が好きだ)。
やっぱりこの人の写真は良いなぁ。

③安珠"the Okina"奥菜恵の写真集。
これは・・普通の写真集テイストでした。
奥菜恵は特に好きと言うわけでもなかったので、
ふむ。

④リトルヴィーナス山口千里香

割愛。
2008.02.2222:24

「天使の肌」

peau_d_ange.jpg

"peau d'ange"
1998年、フランス映画。
ヴァンサン・ペレーズ監督。

主演のモルガーヌ・モレMorgane Moré!!
(彼女の、けがれない天使のような美しさがこの映画のすべて、、)

up.jpg


ヨーロッパの女性独特の、ほっそり面長のお顔、
長い首と、なで肩のライン、
モディリアーニの少女のよう。
そしてなんと言っても、強い光を持った青い青い瞳。

・・映画の評判はいまいちのようでしたが、私はこの作品好きです。

男と、少女のふたりの生を交互に描いていくのだが、
少女のほうには解説的・言語的な描写がなく、ただひたすら生きていく様子だけが写し出されていく。その姿には少女の持つ神秘性、聖性すら感じられる。
少女性への永遠の憧れと賛美、というのがこの映画のテーマだと思われた。

「君はあまりにも軽やかだ。僕も君のように生きたい」
男のこの言葉がこの映画の中心をなしている。

人生のある瞬間にすれ違っただけのある存在が、
ずっと自分の人生に何らかの形でかかわっており、自分を照らし出してくれていた。
そんな存在の記憶を、誰でもが持っているのだろうが、
それをあの純粋無垢な美少女モルガーヌ・モレに演じさせたというところに、この映画の意義はあるのだと思う。
そして、モルガーヌを包むフランスの田舎の景色、真っ青な空が、心にしみわたります。

peau35x.jpg

(映画のうたい文句に「少女の一途な恋が彼女の運命を変えていく」とありますが、そうではなく、むしろ彼女は天使のように飛翔しているほうで、翻弄されているのは男の人生のほうではないかと思いました。)


モルガーヌ・モレimdb
http://www.imdb.com/name/nm0608201/
「天使の肌」画像
http://www.vincentperez.com/peaudange.html

(ところで、モルガーヌさんの体つきは日本人の私から見るととても独特だと感じられたのですが、彼女の動きもまた独特です。喜んだときに、ぴょんぴょん、と上下に飛び跳ねるところがなんともユニークで可愛らしかった。)
2008.02.2120:57

渋谷ぶらぶら節

ぶらぶら、というより正しくはふらふら。
ぶらぶらというと楽しくて余裕がある感じですが、そんな気楽なものではなく、むしろ漂流していたという感じに近い。

恵比寿から渋谷まで歩いてみた。

動いている麻生澪が観たくて・・とあるレンタルショップを知って、もしかしたらそこにあるのでは、と思い、それらしき場所を探してみたのだが・・その店が見つからない。
だんだん日も暮れてきたし、人も多くなってきてちょっとぞわぞわ怖くなってきたので、とりあえず今日のところは引き揚げることにした。

道すがら見つけた面白いもの・・・ペットショップの猫。
ロシアンブルーの子猫が二匹、檻の中にいた。
向こう側にいたほうの猫と、目が合った。
その瞬間、私は彼女(彼?)の魔力のとりこになってしまった。
まるでナイル川の岸辺で夕涼みするエジプトの美女の流し目のような、たゆたうようなあの目線。
あんな不思議な雰囲気の子猫は、見たことがなかった。
なんとも優雅で高貴な顔立ち・・・目と目が離れ気味で、額がかなり広く、鼻はすうっと通っており、鼻先は小さくツンとしている。
猫はじいっと私と目を合わせたままだった。

・・また彼女に会いに来よう、と思った。



先日途中まで観たフランス映画「天使の肌」のヒロインの少女。彼女の存在感、持っているオーラが素晴らしかった。(日本語字幕がうまく出なくて、原語で聞いていたので話の筋がよくわかりませんでしたが・・)
・・彼女の立ち居振る舞いを、しっかり最後まで見届けなくてはなりません。



頼んでいた写真集「ピュアガールduo」が届いていた。
そろそろ、ワンパターンのジュニアアイドル写真集には飽きてきているところで、あぁ、また同じだったら嫌だなぁ・・と思いながら開いたのですが、

ぬ、これは全然違う、ずっといいではないか・・!

はしゃぎあいふざけあっている二人の姿が、作為的な感じではなく、自然に写し出されている。
「少女らしさ」。それがよくでていて、観ていて好感が持てた。

2008.02.2020:50

気になる写真集

気になっているけれど、結構高いとかですぐには手に入らなさそうなもの。
p60083.jpg


p20727.jpg


qwcss198-img200x261-1196340545gazou_403.jpg


・・とくにこの三つめの「秋桜子」、の表紙の彼女が素敵過ぎて、とても気になります!
(この人は「蒸発旅日記」だったかに出演していたんですね。この映画は映画館で見ましたが、、そういえばつげ義春に出てくる女性はみんなこの型だったなぁ・・)
2008.02.1919:38

今日のお買い物

近所のダイエーで「リカちゃん人形」を見つけて、一目惚れして買ってしまった。

(「シルバニアンファミリー」のウサギにも心惹かれたが、あれは子供のころよく遊んだし、まだどこかにしまってあるに違いないと思ったので、買いはしなかった)

IMG_0504.jpg


子供のころは、リカちゃん人形なんかぜんぜん好きじゃなくて、ろくに遊んだこともなかったけれど、
こうやって今になって見ると、リカちゃんは実に愛らしい。



もうひとつは、Gパンとシャツ。
シャツのアップリケがあまりにも素晴らしかったので即、買い。

IMG_0468.jpg


Gパンは、家に帰って履いて親に見せたら、だぶだぶすぎて全然格好悪いとのことだった。案の定の反応・・
(先日も書いたように、私は最近ゆるめのジーンズというものに拘っているのです。どうも自分の体型だと、腰周りがわりと大き目のパンツが合うらしいことがわかり、そういうのを探してはちょくちょく、試着しております。)
2008.02.1822:28

パシフィック・エグゾチカ、エリローズ、サンタフェ

elli.jpg

注文していた「エリローズ」到着。
被写体の少女(エリローズ)の雰囲気がとてもよい。
遊んでいる少女、建物の前にいる少女、街を歩いている少女・・

同じく篠山紀信の、宮沢りえ写真集「サンタフェ」を、BOOKOFFにて購入。
伝説の写真集(どこにでもあるけれども)、ずっと観たかったものだった。
なるほど、さすがに綺麗。

(そういえば、篠山紀信の写真集はもう四冊も持っていることになる。彼の少女写真集「namaiki」「少女館」、はやく観てみたい。)



それから、
ぶらりと入った新宿の古本屋にて、「パシフィック・エグゾチカ」(表紙をネットで見かけて以来、これも気になっていたものだった)を発見、
(こんなところで出会うとは!)
・・購入。

古本屋では痩せた鶴のようなオバチャンが店番をしていた。
(私はいつも古本屋に入ったとき、店番をしている人の雰囲気をまずサッとチェックしてしまう。古本屋というのはどうも怖い感じがするのだ)
オバチャンはそれほど恐ろしい人種には見えなかったので、少しほっとする。
店をもう少し入ると、ファニーなじいちゃんが一人で「ほぉ、こんなのもあるのカァ!」などと言っており、もう少しほっとする。(私は昔から、じいちゃんという人種が基本的に好きだ)
少したつと、そのじいちゃんはオバチャンに(一方的に)話しかけ始めたので、どうやら常連らしいことがわかった。
「・・だって、チビ同士の結婚だから、生まれた子供はチビにきまっとる」
「・・恵子は、、着物はにあわねぇよ、だってコロコロだから」
などと、聞こえてくる。
・・なんだかドキリとする・・

パシフィックエグゾチカがでかすぎて袋になかなか入らないのを、じいちゃんまで覗き込んで、「どらどら」などと言っていたのに和む。じいちゃんばあちゃんいいねぇ。彼らは日本の宝物だ。

五百円。
チャリン。

パシフィック、
すごい・・!
外国人を日本のカメラマンが撮ったものははじめて見た事に気がついた。
なにやら、圧倒的なエネルギーが伝わってくる。
最後のほうの黒人の若い女性が特に気に入った。
日本のアイドルにはない、ゴージャスな力強さ。



家に帰ってから、おなじみ松坂祥子のDVDをかけて観ていたのだが、
どうも退屈を禁じえない。
(どうもアイドルのイメージビデオとは基本的に退屈なものらしい。)

やはり写真集に限る・・!

2008.02.1602:16

おされ

577234714_72aac32d46.jpg

おされです!

from flickr
2008.02.0901:14

今日のイーネッ!

http://www.flickr.com/photos/gunnisal/
良いです!
2040222071_1d0388ca9d_os.jpg

2183516754_ec3e45724f_os.jpg



最近、切羽詰った試験勉強等のため、更新が間遠になっています。(見に来てくださっている方いらっしゃったら、すみません。)
猫写真ブログのほうは毎日更新しています。よかったら見ていってください。blog.goo.ne.jp/laughingloving/

・・その間に購入したもの、考えたことなど、いろいろあります。とくに、安珠の「少女の行方」、「13の星の首飾り」ほか、いくつかの写真集の出来栄えがすばらしいので感動してしまいました。
また、暇になったら(今月18日以降)それらのものについてじっくり書いていきたいと思います。

最近またよくflickrで写真探しをしています。(flickr,わが心の故郷・・・私の少女趣味は、なんと言ってもflickrに端を発しているのです。ヘーゲルじゃないけど、発達には段階があるらしく・・私の場合、①flickrなどの写真サイト ②少女映画 ③絵画 ④市販の写真集・・今に至る、という段階を経てきているようです。これからどのように発達していくのか、わくわくです。)

(flickrのなかの少女たちには、やはり、商品としての少女たちとは別の、自然で無作為の美しさがあって、ほっとするなぁ・・もちろん、写真集の美少女たちも大好きですけれどね。)
プロフィール

nekrasova

Author:nekrasova

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

メロメロパーク

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

I adopted a cute lil' fetus from Fetusmart! Hooray fetus!

カレンダー(月別)
01 ≪│2008/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。