--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.1100:53

遠山景織子・小林恵

小林恵―十六の夏小林恵―十六の夏
(1993/09)
渡辺 達生

商品詳細を見る

★★★★★
「pure girl duo」と甲乙つけがたい佳作、、大好きな写真集です。
夏のカラフルなパステルカラーのにぎやかな中に、頬のまっ赤な、はちきれんばかりの健康的な若い娘。一点の翳りもないとはこのこと。世の中の汚いものなんて、その肌は全部はじいてしまう。これからまさに実ろうとする・・プレ美女、の陽気な夏休みを切り取った写真集。
影のできない時刻、真夏の真昼。世界にこんな存在があるなんて・・この世界もまだ捨てたものじゃない。

CIN´EMA―image par Fumiyuki Kawashima 遠山景織子写真集CIN´EMA―image par Fumiyuki Kawashima 遠山景織子写真集
(2003/11)
川島 文行

商品詳細を見る


★★★★★
個人的にとても思い入れのある大切な写真集です。
買ったのは神田の古本屋街、ちょうど写真集集めをまだ始めたばっかりのころでした。(・・ちなみに、一番初めに買ったアイドル写真集は、宮沢りえの「pour amitie」、安達祐実の「REX」でした。これらも古本屋街で。)
遠山さんのことを「高校教師」で見て知って、その透き通るような肌と折れてしまいそうな身体に魅せられ・・・そんな折、古本屋街をブラブラ物色していると、偶然見つけたのがこの作品でした。
古本にしては少し高かったのですが、遠山さんが見れるんだから・・!と、意を決して買いました。
・・はじめて開いたとき、「高校教師」での彼女とはずいぶん感じが違うなぁ、別の人みたいだ・・と驚きましたが、けれどその驚きは決して悪いものではなく。
ずっともっと大人の女に成っていて、けれどその妖精のような透明感、ピンピンと晩秋の空気のように突き当たってくる冷たさは・・健在で。
その肌に触れれば氷のように溶けてしまいそう。おおげさじゃなく、そう思ってしまう。
これほど木目の細かい、雪の結晶みたいな肌はなかなか珍しい気がする。
2003年に撮られたものだから、もうだいぶお姉さんのはずなのに、その四肢や腰や肩のどこにも、経年による皺やシミひとつない。14の少女でも、ここまで綺麗だろうか・・?
その上に、日本人形みたいに整ったお顔。笑顔より、じっと黙ってカメラを見つめるショットが多い。けれどそれは、何もあらわさない無表情というのでも挑発的なまなざしというのでもなく、どこか寂しげな感じもする、でも温かみを感じる、物静かに落ち着いた・・そんなまなざし。
どんな人なんだろう、と思う。
きっと、自分の大きさや限界や、そういうものをよく知っていて、賢く静かに、しなやかにかっこよく・・生きている女性なんじゃないか、という気がする。
どこか人間ばなれした印象、触れようとすれば去ってしまう体温、秋の風、・・そんな彼女をそっと時々、見てみたくなる。
スポンサーサイト
2008.12.1001:25

Golshifteh Farahani

2008-12-09_133000.jpg
2008-12-09_133134.jpg
2008-12-09_133112.jpg

imdbより

ゴルシフテ・ファラハニと読むのでしょうか、
す、すごい美貌・・
ぞくぞくするような美しさ。。
二枚目の写真、女優さんというよりは、アラビアの市井の人のようで、それがまた気に入りました。
ディカプリオと共演しています。
要チェック!!

google画像検索
google動画検索

すごい、いっぱい!
ゆっくりこれからみてみるとするか。

・・今日の収穫でした。

2008.12.0901:00

思いつき

ビデオデッキを自分の部屋に持ってきてしまったため、パソコンでのキャプチャ作業(パソコンは居間にしか置けない)ができないのが難点。
そして、今は甚だ金欠この上ないので、新しい機材も買えない。
ということで、思いついたのが、
・・再生しながらデジカメで直接撮ればいい
ということ。
思いついたもなにも、たんなる苦しまぎれな誰でも思いつく方法ですが^^;
そういえば高校のはじめごろ、やっと見つけてレンタルしてきた幻の「かぼちゃ大王」の画像を、この方法にて保存していたのを思い出しました。しかも、そのときは携帯のカメラで、テレビ画面に黒い線が入るのを必死でよけながら汗みずくで撮っていた。何時間も取り組んで、やっと、アレッシアの大アップ画像がいくつか撮れた・・うれしい・・という記憶が、まるで昨日のことのように残っているのですが。(いや本当昨日のことみたいなんです。え、あれってもう7年ぐらい前のことだったの・・?
あれそれとも、大学に入ってから同じ試みをもう一度やったのか?それだとしたら3年ぐらい前になるので、それなら昨日のことのように思われてもまぁ許せるか・・)

・・などという、人間の記憶の限りないあいまいさの表現はもういいとして。

実際に昨日(これは本当に昨日です!5年前ではありません)、後藤理沙さんのビデオでやってみたのです。あんまり綺麗に入らないかな・・と思っていたのですが何のその。まったく綺麗に入りました。
というかむしろ、下手なキャプチャボードより断然まし?
今その画像UPしたいのですが、眠いのでまた今度。
理沙さんのキラキラ瞳がグッキリまばゆいほどに保存されました。

。。
けれどなぜか、この妙な味気なさはなんだろう、
キャプチャはやはり、ダイレクトに情報をコピーしてこそキャプチャたりうるのか・・
それとも、マウスと指先のあの動きこそに醍醐味があるのか・・
よくわからない。でもたぶん、前者。
なぜ違うのか分からない。デジカメで撮ったほうがきれいに撮れるにもかかわらず、充実感がないという、人情の限りない不思議。



まあ、そんな話はいくらしていても埒が明かないので、次の話題。
永井真理子さんのCDが今最も聴きたいものです。
がんばれ、マリコ
がんばれ、マリコ

聴くんだ、マリコを。
2008.12.0900:33

YUIのアルバム

CAN'T BUY MY LOVE (通常盤)CAN'T BUY MY LOVE (通常盤)
(2007/04/04)
YUI

商品詳細を見る


早速借りて聴きました。
近所のボロッちいWAVEの、片隅に追いやられている寂れ果てたCDコーナーで。
一番聴きたかったアルバムがなかった(さすがだ・・)ので、しかたないなぁ別のでもいいやと思い、"can't buy my love"というものをレンタル。

やっと聴けた、聴きたかった、YUIのあの声を満喫。
この人の一番魅力はやはりこの声だ・・もちろん表現力も(滑舌も)すばらしいけれど。
改めて聴くと、やはり、20歳ぐらいの女性の声にはあまり聞こえない。声変わり前の少年か、10歳前後の少女のような、乾いて淡白な・・女性ホルモンを感じない、不思議な声。

特に、疾走感のある激しいロック調の曲がよい。(というか、そういう曲以外私はちゃんと聴かなかったのですが。)あの声質とハードロックはすごくよく馴染んでいると思う。
むしろ、いかにもな流行り歌っぽいアレンジのされた曲は歌わなくていい。そういう歌は平凡なアイドル歌手が歌っていれば充分・・ 気に入った2,3曲以外にも、もっと曲に恵まれればよかったなぁという感じのするアルバム。(あ、、といっても全部曲自体は自分で作っているのか。問題はアレンジなのか、、よくわからないけれど)

・・一曲目の"how crazy"などとくに、音楽も歌詞も、心にツンツン突き刺さるように若く鋭利な名曲。だらしなく惰性的に生きていると、YUIのあのまなざしと声にズバッと刺されそうだ。
他の曲の歌詞からも、YUIの生き方の透徹した厳しさ、小さな体でしっかり地面に足を踏ん張って生きている姿が感じとれる。
大人びているようで、けれど内面は普通の20歳の女の子で、不安や悩みと必死に戦っている。誰よりもまっすぐに、自分らしく、生きていこうとしている。そんな感じが伝わってくる。

恋とか好きとかの歌は、私自身は経験がまったくといっていいほどないので、・・あまり聴きたくない。というか、聴いても分からない。少し、寂しい。

・・いろいろ書いたけれど、、
もちろん彼女の歌はすごく良いけれど、今の私を温めて元気付けてくれるものではない、という感じは、彼女の歌を聴き始めてから終始変わらない。
今の私に必要な歌があるとしたら、それは、もっと私より人生を経験してきた先輩たちの深い歌声だと思う。きっとそういう歌を聴けばもうすこし、ずっしり安心した気分を得られるんではないかと思う。
後ろから押されるのではなく前から見守って。
・・けれど、誰の歌を聴けばいいのかよくわからない。

今日は、YUIのCDを返しがてら、CHARAのベストアルバムを借りてきた。CHARA,私が中学生のときに流行っていた人ですが、そのせいだか、あまりじっくり聴いたことがなくても親しみを感じる。よく、冬休みなんかにMTVでずっと、彼らのPVを眺めていたものだ・・
青い青い時代。鮮明な時代。90年代後半。私はきっとこれからずっと、何年たっても、あの時代を生き続けるんだなぁ・・とよく思う。

今日はいつもに増して長く語ってしまいました。

空っぽのnekrasova。来年はこんなことをしていてはいけない。いまに蕎麦の芽でも生えてきてしまいそう。
2008.12.0701:29

雑感

集めてきた写真集をそれぞれ見ていたのです。

アイドル写真集、ほとんど無名のような子の写真集、女優さん、オムニバス、芸術的なやつ・・

で・・篠山紀信の撮ったものが何冊もあることに気がついた。
こんなに買っていたっけ。

・・それらを見ていて、ああ、私はまだ彼の撮った写真たちをぜんぜん消化していないな・・という感じがした。
他の写真集たちは、それなりになにか消化できているものもあるというか、自分の中での流れとその写真たちとの流れを一致させることができたというか・・そんな感じがするのだけれど、
篠山さんの少女たちは、みんな固く心を閉ざして、まだ私に開かれてこない。
namaikiしかり、エリローズしかり。
彼の撮る少女たちが芸術的すぎるせいかもしれない。
美しくは感じるけれども・・心がフワッとして、思わず笑みがこぼれる、写真の中の少女たちと一緒に笑いあう・・というあの経験を、彼の少女たちに関してはまだしたことがない。

・・しばらく写真集買いはやらないから、その間・・彼の撮った少女たちと、じっくり仲良くなれたらいいかもしれないと思う。
ほかにもまだ消化しきれていない写真集もあることだから、次から次へ買うんじゃなくて、被写体一人ひとりと対話してみるのも悪くない・・または、それぞれの作品についてのデータを整理してみるというのも考え中。

・・オタクはこうして深まっていく・・
2008.12.0701:12

yuiのCDyuiの・・

I LOVED YESTERDAYI LOVED YESTERDAY
(2008/04/09)
YUI

商品詳細を見る

アルバムが聴きたくてたまりません。
買おうか、それともレンタルで済ますべきか。・・
レンタルして気に入ったら、お金ができたときに買うか。
たいがい、一度レンタルしてHDに保存してコピーしたものは、買うということはほとんどない。
また、一度買ったはいいけど、結局あまり聴かずにいる場合も多い。
・・聴きたいときに聴くだけで十分というのなら、レンタルで充分。
いや聴くだけじゃなくてそれプラスアルファの、所有欲をも満足させたい・・という場合は、買い。
今回の場合微妙なのだ。
YUIは単に歌がいいからもっと聴いてみたいという領域にとどまらず、YUIという人物そのものに限りなく興味があるというか、魅了されてしまっている。
歌手YUIとしてだけではなく、人間として。
椎名林檎なんかの場合、歌がすばらしいので何枚もレンタルした。けれど、買ってはいない。
椎名林檎ももちろん人間的にも魅力的とは思うけれど、欲しい!と思うほど私の中の何かが律動するにはいたらない。

今まで、リピートしてCDを買ったのは今のところ、UAだけ、である。ファンだといえるのは今までは彼女だけだ。
そこに新たなるスターが現れたわけだ・・YUI。若干21歳にしてあれまでの大人っぽさを持った、確信に満ちた少女。(「タイヨウのうた」でのインタビュー動画を見ましたが、あまりにも大人びた口調でハキハキ話すので驚いてしまいました。自分24歳ってどうよ・・と思ってしまった・・)

というわけで・・
明日、近所のレンタル店でとりあえず借りてこようか。
どうも今彼女の歌が常時、聴きたくてたまらないのだ・・



「タイヨウのうた」YUIさんが主演も歌もやっている映画ももう出てしまっているのね!?
見なくては!



check!

タイヨウのうた スタンダード・エディション [DVD]タイヨウのうた スタンダード・エディション [DVD]
(2006/11/22)
YUI塚本高史

商品詳細を見る

2008.12.0410:41

let us captcha!

yui.jpg

・・昨日は元気が出なかったので、キャプチャでもして元気を出そうと思い、
youtube動画をダウンロードできるソフトを導入して、キャプチャを楽しんでみました。

・・YUIさんをバッチリキャプってます。
youtube動画ってこんなにきれいにキャプチャできるのね。
落とした動画も、大きくして見ても思ったよりかなり鮮明なので、なかなか満足です。

(本当は、今まで集まってきたDVDのコピーから、年おさめキャプチャ祭りを開催したいところなのですが、その余裕がないのが残念です。来年春になったらやろうと思っています)



気になるあの人、YUIさんについて。
googleや某SNSなどで調べてみましたが・・
彼女はまだ21歳ということで・・若い・・!
ファン層も、中学生や高校生を中心としている模様で、・・書き込みなどを見ていると、情緒年齢42歳である私はなんだか少し締め出しを食らったような気分で、「若いっていいよなぁ・・私ももう一度あのころに戻りたいなぁ・・」とつぶやいてしまうのでした。
最近、若い人、十代や二十代はじめの人たちを見ていると、そんな気分になることが結構増えてきました。鏡を見ると、ホウレイ線ばかり気にしてしまいます。周りの人々の、私を見る目もだんだん冷たく厳しくなってきているのを感じます。
・・老いとはかくのごときことかな・・



老いといえば、先ほど見ていたIsabella Rossellini
年をとってもこれほど美しい人がいるとは・・



・・ところでキャプチャ療法はなかなか効果があったようです。終わった後は元気を回復していました。
自己分析によると、「瞬間」をとらえようと身構える、あの適度な緊張感が、精神に刺激を与えるのではないかということです。
2008.12.0201:39

ブログ名変更

・・つづりを正しくnekrasovaにしてみました。ロシアの名前です。



「あすなろ白書」は四巻に突入しました。二日に一回ぐらい見ています。
まぁまぁ、面白いから見ているのですが・・でも、なんだか、見ているうちに(なんでこのサークルの人たち、サークル内だけでくっついたり離れたり繰り返しているんだ??なんだかネコの婚姻関係みたいでやじゃないか・・)と、思えたりしてきたり。・・
クリスマスイブの日に、誰かが誰かと寝たとか寝ないとかのくだりでは、(ようするに発情した男女のサークルの物語ということか・・?)とすら、思えたりして。

nekrsovaは、男女の恋愛とか、いまだにぜんぜん分からない超おくてのオタクっ子(もう24歳)なので・・恋愛ドラマを見ていても、何がなんだか分かりません。
好きだけど分かれるとか、好きなのに苦しいとか、付き合ってるのに苦しいとか、まったく分かりません。だめだぁ。。

分かるようになれたらなぁ。

とかいいつつ、最近の目下の目標は、サブ使用のノートパソコンを手に入れることだったりします・・;;;ヤフオクで見ているんだけど、なかなかないんだぁ・・ 初心者だからあんまりBIOSとかよくわからないから、何でもには手を出せないし。

相棒、ほしいなぁ、パソコンの。


2008.12.0201:23

薬師丸ひろ子フォトメモワール

薬師丸ひろ子―愛蔵版写真集

★★★★★

四巻持っています。
今日、それらを整理しがてらパラパラ見ていました。
ひろ子、ひろ子・・
特に思い入れの強い人なので、その写真の一枚一枚、宝物のようです。アマゾンで342円で買えてしまいますが。そんなことは関係なく。
・・とくに「野生の証明」は私にとっても、ひろ子さんの出演映画の中でもっとも思い出深いといってもいいかもしれない。ので、そのシーンの写真を見ていると、感慨深いものがあります。
「野生の証明」は、私が美少女映画にはまり始めた初めの映画だったと思います。(本当の一番初めは「かぼちゃ大王」のアレッシア・フガルディでしたが、これは別格なので、それ以外の映画とは別物としています)
・・まだキャプチャのやり方も良く知らないころ、学校のパソコン室で一生懸命、家でとった「野生の証明」のVHSを、パソコンに吸い出そうと試行錯誤してた思い出が懐かしいです。今からもう三年前?になります。
黄色い服とつなぎのカバーオールをきた、おかっぱ頭の可愛いひろ子さんと、制服姿で警察の男にしつこく尋問されるひろ子さんのキャプチャをがんばっていたので、そのシーンが鮮明に思い浮かびます。
いやぁ懐かしい・・

・・こう書いてくると、私の美少女遍歴もだんだん貫禄が出てきたような感じがしてきて、なんとも不思議な気分です。それぞれの時期に夢中でやってた、キャプチャ作業や収集活動が・・今になってみると、それ相応の重みというか確かさをもってそこにあるというか。・・私のやってきたことも、ただの遊びに過ぎないのに、なにかそれはそれで意味あることだったんだなという感じ。

・・ひろ子さんの写真を見ているうちに、そんな思いが湧きあがってきました。


・・私、オタクでよかったな・・


2008.12.0201:05

yuiyuiyui

・・YUIさんの射るような動物的な瞳と、その鋭くとがった琴声に惚れています。
一番初め彼女を見たのは、"rolling star"をテレビで歌っている姿でした。少年のようなまっすぐな声、なんて珍しい・・と思って、でもそのときは誰が歌っているかはまだよく知らず。
後になって、あの声がもう一度聞きたい・・気になってきた・・と思い。・・youtubeで探しているうちに、この声だ!とすぐに分かる歌声を見つけ。ようやく、歌っていたのが"YUI″だということが分かったのでした。
"rolling star""summer song""laugh away"あたりが特に気に入っています。




・・こんなに、歌声も容姿もなんとも魅力的・・もっと聞きたい見たい、と感じたのは初めてかもしれません。
美人な歌手ならいくらでもいるけど、YUIさんはちょっと彼女たちとは違っている。どこか中性的で・・少年と少女の中間、14,5歳の思春期の色香をも持ち合わせているというか。たぶん彼女の歌声がそう思わせるのだろうけれど。

浅香唯といい、YUIといい、最近私はユイにばっかり惹かれてしまう。


プロフィール

nekrasova

Author:nekrasova

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

メロメロパーク

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

I adopted a cute lil' fetus from Fetusmart! Hooray fetus!

カレンダー(月別)
11 ≪│2008/12│≫ 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。