--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.2800:27

「青の魔性」

青の魔性 (1977年) (新潮文庫)青の魔性 (1977年) (新潮文庫)
(1977/01)
森村 誠一

商品詳細を見る


森村誠一。
前から気になっていたロリータ小説です。
けれど、なにか期待したほどじゃなかった、、という印象。
個人的には、少女がアスペルガー症候群で、かつ、呪いをかけたりする超能力を持っているという設定があんまり好きじゃなかったかも。
魔力を秘めた近寄りがたいガラスのような少女、という感じはよく出ているけれど、呪いをかけるのはちょっといただけないなぁ。。
けれど、そういう普通と違った不思議な少女にとりつかれるように魅入られてしまうのは、よく分かるかも。
読んでいて、恭子のキャラが綾波レイにダブってきました。似ている、似ている。「青の魔性」まさにレイだ・・
小中学校通してネクラーだったnekrasovaとしては、あかるく元気な女の子じゃなくて、暗く陰のあるちょっと不気味なキャラクターに親近感を感じます。

ところで、この小説、主人公の小学校教師が、恭子の母親と肉体関係をもつというところが、なんだかちょっといかにもで・・生々しくて。「すぐ食べられる」体が目の前にって・・;;

恭子が先生のことがほんのり好きで、「先生も遠足にいかないで」と訴えるところが切なくて良いです。「なにいってんだよ(笑)」的に先生が恭子のほっぺたをつん、とつつくところも良いです。これぞプラトニックロリータ・・
スポンサーサイト
プロフィール

nekrasova

Author:nekrasova

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

メロメロパーク

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

I adopted a cute lil' fetus from Fetusmart! Hooray fetus!

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。