--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03.0600:26

いろいろ、

最近は本ばかりです。
映画ももっと見たいけれど、なぜかうまく時間が捻出できない。。 うぅ、見たいのに、、

とあるサイトで紹介されていた「甘い蜜の部屋」という本を、読んでいました。
甘い蜜の部屋 (ちくま文庫)甘い蜜の部屋 (ちくま文庫)
(1996/12)
森 茉莉

商品詳細を見る

はじめのほう、主人公の少女時代のところが結構よかったかなぁ。50のおっちゃんを虜にする6歳児ってどんなんだ・・
中盤からは少女が女に成長してきてしまったので、読むのをやめてしまった。・・ああ浮気な読者よ。

けれど、、やはり女性の作家の文章は、男性のにはない独特の感性が展開されてて、それもなにかそのスタイルで完成しているので、すげぇ~。。と思ってしまった。
「彼がこう思っているということを、私はわかっているということを、彼は知っているということを私は知っている」・・調の文章が延々と続くのです。さすがは女。
そして、、ものすごく少女漫画チックな世界なのです。ほとんど全員なぜかハーフとか外人だし・・アレクサンドルだのドミトリーだのイワノフだのピーターだの・・ ここは広尾か!?
・・けれど、それはそれでやっぱり完成している感じなので、私はそれ以上何もいえないで感心してしまうのです。


・・最近、なんだか自分の求めているものがあいまいになってきてしまっている感じがする。少女のどういうところに、危険と誘惑と欲望と美を感じていたのか、なんだか分からなくなっているのだ。
やっぱりネクラソワに文学は駄目だったのか・・;;?
「これ、好き!」と身を乗り出して興奮する感じが、どうも最近あまりなくて欲求不満気味。。
はやく何か、どこかにぶつかってほしい。

スポンサーサイト
プロフィール

nekrasova

Author:nekrasova

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

メロメロパーク

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

I adopted a cute lil' fetus from Fetusmart! Hooray fetus!

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。