--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.0401:25

julia margaret cameron

上野の美術資料図書館へ知り合いの老夫婦と一緒に行ったときに見つけた「世界写真全集」の中から見つけた女性写真家、ジュリア・マーガレット・キャメロン。
少女や女性を中心に撮ってくれている貴重な写真家さんのようだ。(キターーーーー!!)
julia-lg.jpg
ぜひこれは実物を手に入れたいものだと思い、写真集(上)を検索したのですが、アメリカでは199ドル、日本では五万円などという超プレミアものであり、あかんわこら、、でした・・
The20Angel20at20the20Tomb201870.jpg

こういう幽霊みたいな病的な感じが、ソワはなぜかしらないが大好きです。
(そういえば、、アレッシアに初めて惚れこんだ当初(中学二年生ぐらいのとき)も、アレッシアをモチーフにした、幽霊のような女、の絵を描いていたっけ。父がそれを見て「痩せーた、病的な、麻薬女みたいだなぁ。。」と言っていた。その絵を友達に見せたら、「この絵はむっちゃん自身だ!」と言われました。そ、そんなに私は病的で危ない感じなのか!?)
・・けれども、やっぱり私はいつもどこかで、
病的で、壊れそうな、危うい、不思議な、でも美しい、とげをもった、優しい、守りたくなるような、純粋でけがれなくて、明るくて、でも陰のある・・少女、
というのに憧れているのだと思う。
私の好きな女主人公たちはいつもそうだ。
「さざなみ」の唯野未歩子、「bu-su」の富田靖子、「月猫に蜜の弾丸」の彼女、・・あとホラーにはぞろぞろ出てきますね、切なくて暗い・・「仄暗い水の底から」の黒木瞳、「リング」の貞子、「メイ」のヒロイン・・

ネクラーソワ万歳。

・・こういうネクラーな少女っていうのは、いったいどういう地位に一般的にはあるんだろう?とも思ってしまう。日本と外国では違うんだろうか・・
ネクラーな主人公の映画が、ここまでさらっと出てくる(しかもわりと売れているものばかりで)ということは、まんざら世間でもネクラーの評価は低くないとか、むしろ共感されているとか・・
「エヴァンゲリオン」だってシンジとレイとカヲルがあれほどネクラだからこそあれだけ人気になったらしいのだし。・・
どうなんでしょう。

さてさて。

j.m.cameronの写真を数枚。もっとたくさんネットで見つけたので全部載せたいですが。
m196700880003.jpg

m198111210012.jpg


・・ほか、ポール・ナダールの「ベル・エポック」時代の写真集も図書館で借りてきました。
衣装がすごいのと、少女や女性たちが美しいのと・・・
勉強の合間に眺めては、脳に酸素を送り込んでおりました。スワーーー、キレーーナリ。。。
家においておきたい一冊です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nekrasova

Author:nekrasova

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

メロメロパーク

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

I adopted a cute lil' fetus from Fetusmart! Hooray fetus!

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。